就労移行方針・大切にすること

FDAが目指す「利用者の人生の充実」という考えに沿って、就職はゴールではなく

スタートと考え、「長く働き続けられる」ために必要な5つの要素が整うよう支援します。

■5つの要素

・健康管理

・日常生活管理

・対人能力

・基本的労働習慣

・職業適性

※就労までの流れについてはこちら

 

学びの場

・利用者の主体性を尊重しつつ、規律(就労に向けた訓練)のある場とする。

・長所を伸ばして短所を最低限(就労可能なレベル)必要なレベルに引き上げる。

・様々な関り方(スタッフの役割分担)をし、利用者さんの社会参加を促進する。

 

トレーニング・実習

・2年間という期間を意識し、個人の特性にあわせて目標の設定を行い、段階的にステップアップできるよう計画する。

・ロープレを中心とした実践的なトレーニング(アウトプットを重視)を組み立てる。

・個々の利用者が自身の特性を正しく認識し、自分にとって長く働ける環境を知る・作ることができるよう支援する。

・全体に向けたトレーニング(就労に最低限必要なこと)と個人に向けたトレーニング(個々にカスタマイズ)の2軸とすることでより効果的な支援を図る。

 

カリキュラム内容

項目

詳細

内容

就労活動

就労への主体性・自主性 就職することを「自分ごと」として考える主体性を養う。
実習 タムラ案件。
企業研究・発表 ハローワーク、転職サイトによる求人情報検索。
パワーポイント資料作成、発表。
ビジネスマナー 敬語、立居振舞い、メールの書き方などビジネス上必要となるビジネスマナーを習得。
応募書類作成 履歴書、経歴書作成方法について習得(実際に作成)。
面接対応 面接ロープレを実施。
PCスキル Excel、Word、PowerPointなど、ビジネスで必要となる基礎的なパソコンスキルを習得。

SST

コミュニケーション 挨拶、報告・連絡・相談、共感などビジネス上必要となるコミュニケーションスキルを習得。
自己理解・自己表現 自分の性格や長所・短所、障害がい特性の理解。
自分の気持ちや特性について、相手への伝え方を習得。
適応力・自己管理力 自分で解決できる問題解決能力を習得。
安定して業務ができるよう感情のコントロールを習得。
社会性の向上 社会との関わり方を習得。

フィジカル

運動・リラクゼーション 散歩、運動、ゲームなど体力作りを行う。

 

月間スケジュール

schedule_08

就労スタッフ・講義風景

講義風景

講義風景

支援員

支援員

皆勤賞授与風景

皆勤賞授与風景

【移行スタッフ通信】はこちらから>>

  
【移行利用者様からの声】
  
私は、現在NPO法人FDA川崎就労移行事業所に通っている50代男性利用者です。輝かしい職歴など持っておらず、結構な歳での本格的な就職活動をしております。重い職歴コンプレックスの下、FDAに通っておりましたが、入所して2年経った今、FDAパンフレットを目にしてからの、自分の進路選択に間違いはなかったと考えられるようになり、勤怠の安定も計り、この歳で前向きな考えにもなり、誇りを感じるようにもなり、仕事に就くのに遅すぎるなどということはないと考えるようになりました。

川崎就労移行事業所では、主にPCを使った就労に直結したカリキュラムを組んでおり、エクセル・ワード、パワーポイント、ビジネスマナーでは、履歴書の書き方、送り方、面接練習、等の講義を受け、コロナの影響による在宅学習をしていては時間がもったいないと考える程、内容が濃く興味深々で聴く講義、就労支援活動をしております。
また、何と言っても、通うのであれば、明るく、楽しく、面白い、この3点が一番気になるところでしょう。FDAはその3つを全て兼ね備えた元気いっぱいの就労訓練施設です。

実習では、川崎事業所で行う内部実習と一般の企業での施設外作業実習(外部案件)があります。
内部実習は、委託業務として広告封入作業を、就労移行とB型の利用者を中心にスタッフも交じり、チームワークトレーニングのため、不定期的に毎月、大体2回程度、軽作業を行っております。
この内部案件は、新型コロナウィルスが広がり始める前の4月後半の頃とは、やり方を変えて進めております。蜜を避け、人との距離を取り、量も減らし、1日で終わらせていたものを、2日半かけて終了させました。
一般の企業での施設外作業実習(外部案件)は、コロナ対策のため、一旦停止していますが、FDAと実習先の企業で何件もパイプラインが繋がっております。

精神的、身体的障がい、又は引きこもりを問わず、通う場所にお困りの方に、FDAの利用を、おすすめいたします。

                                                    2020年8月

FDAからのお知らせ・メルマガを購読

問い合わせ
044-245-5112