FDAの日々

新型肺炎コロナウィルスが原因で在宅を初めて行ってみて私が思う事。

皆さんは、在宅は初めての方もいらっしゃれば、経験済みという方もいるでしょう。

お仕事がテレワークだからという方もいらっしゃるでしょう。私は在宅を始めて一週間になります。
感想は不謹慎な事を言わせて頂だければ、やりたかった在宅が出来て嬉しいような複雑な気持ちです。何故か、私が希望する仕事が在宅で行うからです。その経験もコロナウィルスが原因、そして、そのコロナウィルスのせいで尊い命が失われています。
その状況は日本だけでなく世界なかんずく地球全体、全地球人が、苦しみの最中。経験したかった在宅が出来て嬉しいなんてよく言えると自分でも思います。大きい声では言えません。只、見かけだけ中身無しの私ですが、気持ちは憧れの小説家自宅でお仕事してます。
このネガティブになる状況ても少しでも楽しい事を見つけて過ごしたい。思い込みでもいい。それが心も侵されない私の手段です。
ここで題に戻って、身体障害者の私にとって在宅は気持ちが楽です。それは雨天時です。
しかしながら憧れの在宅も光熱費が心配です。長く在宅されている方は、どうされているのでしょうか?
私は少しでも光熱費をうかせようと寒い時は着込んだりしてます。長くされてる方は節約術みたいなものがあるのでしょうか?
結論は物事には良い面と悪い面が有ります、憧れの在宅も例外ではなかったです。

2020年5月1日

FDAからのお知らせ・メルマガを購読

問い合わせ
044-245-5112