FDAの日々

私の居場所は、ここにあった

こんにちわ!
FDA川崎B型事業所に、通所しておりますY・Tです。

私とFDAとの出会いは、ハローワーク川崎でした。そこにいらっしゃる精神福祉士の先生との面談がきっかけです。

私は、4年ほど前はパソコンに触った事もなく、それは就職にも影響していました。そこで、パソコンをなんとか触れるようになりたいと思い、就労支援移行のHというところに通所しはじめました。

その時に出会ったのがFDAです。

就労継続B型事業所では、なかなかパソコンを使用している所はなく、FDAの存在を知った時、「私はここで訓練を積んで就職したい!」と、強く思いました。なぜなら、私の希望する職種は事務だからです。(もちろん、FDAでは事務だけが就職先ではありませんが)

さっそく、自分でFDAに電話をして理事長のNさんとの面談が叶いました。
Nさんはご自分も障害をお持ちですが、常に前を向き、常に明るく、通所される方々の事を第一に考えてくださるお人柄でした。

私はますますFDAでの訓練を強く希望しました。そして私は就労移行Hを卒業して、FDAに通所させて頂く事になりました。
それから早1年が経とうとしています。この1年の間に体調が悪くなったり、実習に行かせていただけるほど、体調が安定したりと、色々ありました。

ですが、どんな時もFDAは私の味方です。叱咤激励もありますが、そのお蔭で今の順調な私がいると思っています。
感謝です。

これからもパソコンの訓練に実習にと励みたいと思います。

FDAからのお知らせ・メルマガを購読

問い合わせ
044-245-5112