FDAの日々

オカンとワタシと、時々、オトン

突然ですが、

「甘いものいっぱい食べる男の子と、黒い羽のオバケみたいのが出てくる映画」

って聞いて何の映画かわかる方、いらっしゃいますか?

そう、答えは「デスノート」(マツケンが出てた最初のバージョン)。

ワタシのオカンはよくこんな感じの説明をします。オカンて割とそういうものだとは思いますが…(笑)

うちのオカンは正義感が強く、基本的に人情家です。が、カッとなる性格でもあり、良くも悪くも武勇伝がたくさんあります。

1.子供の頃、ワタシの叔父がオカンの分のおはぎを食べてしまい、腹を立てて残りのおはぎの入った皿に叔父の顔を埋めた。

2.餃子を焼いていて、皿に盛ろうとした瞬間、全部床に落としてしまい、カッとなって餃子を踏もうとした(必死でオトンが止めた)。

3.歩道からはみ出て車にはねられそうになったおじいさんを体当たりで救った。

4.バスで知らない男の子がお金を間違えて両替のところに入れてしまい、運転手に怒られて泣いてしまった。にも関わらず、それでもしつこく責める運転手を叱責し、「ここに入れればいいんでしょ?」と男の子の分の運賃を入れた。

…いえいえ、オカンはモーレツに激しいけど、すごく優しい人なんですよ(笑)(必死のフォロー!)

彼女は母親を15才で亡くし、いろいろ苦労しました。オトンと出会い、ワタシを育て、明るい家庭を作ってくれました。ワタシに対する希望や夢はきっとたくさんありました。

最近まで、そんなオカンの期待に応えられないどころか、このザマ…なんて自分を責めていたけど、この先挽回して、絶対支えていくからね、とテレビを観てバカ笑いしている彼女に向かって心の中でつぶやきました。

あ、そういえばオトンのこと…忘れてた…ゴメン(笑)

FDAからのお知らせ・メルマガを購読

問い合わせ
044-245-5112